睡眠薬の選び方

睡眠薬で快適な眠りを

不眠症等のように睡眠をとれない事で悩んでいる場合には、睡眠薬を使って快適に眠る対策も有効です。

注意点としては睡眠薬を常用していると、睡眠薬無しでは寝る事が出来ないようになる事であり、人間の体はだんだんと薬の効果に慣れてきてしまいますし、薬の力も効きにくくなっていきます。

ですから困った時だけ睡眠薬を使って、普段は自力で眠るように対策をする事が望ましいですし、睡眠リズムが乱れている人は、睡眠に入りやすいような生活習慣を持つ事が必要であり、毎日同じ時間に眠りにつくようにしたり、眠る前には映像等の刺激になるものは見ないとか、飲食を行わないといった工夫をする事も必要です。

毎日朝日を浴びる事も効果的であり、朝日を浴びれば体内時計の乱れが修正されて、夜になると自然と眠くなりやすいですし、仕事等の関係で動きが少なく頭を使う事が多い場合には、体を動かすようにして体を疲れさせるのも眠りやすくする方法です。

様々な生活習慣から眠りにつきやすくなったり、つきにくい状態になったりしますから、眠りに良い方法を試してみると良いですし、それでも眠れない時には薬の力に頼ってぐっすりと眠るのも良いでしょう。

睡眠をとろうと思っても眠りにつけない方や、途中で目が覚める方、他にも朝方になってようやく眠たくなる方等様々な不眠症状がありますが、睡眠がとれなくなれば体力回復だけではなく、臓器や神経の修復等にも影響が出ますし、臓器の動きも悪くなってしまいますから、日中に頭が働かないとか常に疲れた状態になるリスクもあります。

睡眠を深くできれば体力や神経、臓器の回復にも繋がりますし、健康的に過ごす為にも深く睡眠をとるというのは極めて重要です。

睡眠薬の致死量に注意が必要

睡眠薬には人によって様々なイメージがもたれています。医薬品としての重要性を示すものとして、睡眠障害をもってしまっていることで生活の質に問題が生じてしまっている人にとっては救済となるのが睡眠薬です。寝付きが悪かったり、寝ている間に何度も目が覚めてしまったり、早朝に目が覚めて眠れなかったりと様々な睡眠障害を持っている人がいます。

こういった症状は様々な精神性の疾患においても併発することが多く、精神科や心療内科にかかっている多くの患者にとって睡眠を取るために不可欠なものとすらなっています。

一方で、一般の人が持つイメージとして怖いものというものがあります。小説やテレビドラマ等で睡眠薬を多量摂取して自殺したり、人を殺してしまったりする場面が描かれているからであり、致死量が少なくて危険性が高い薬であるという認識を持たれていることが多いのです。実際に睡眠薬を多量摂取して死に至るということはメカニズム上はあり得ることです。

脳の活動を抑制することによって睡眠に導いているのが睡眠薬であるため、それが過度に起こってしまえば神経系の機能が停止して生命活動を維持できなくなる可能性はあります。しかし、それに至るまでに必要な量というのは膨大なものであり、とても人が飲める量ではないというのが現実的な問題です。

一方、一昔前まで中心的に用いられていたバルビツール酸系の睡眠薬については致死量が比較的少ないものもあります。しかし、その場合にも副作用が原因となって命に危険が生じるのであり、睡眠に導くこととは直接は関係のないものです。

バルビツール酸系の場合には呼吸抑制という副作用が生じるため、多量摂取に注意は必要です。しかし、致死量と治療に用いる量の差は大きいため、医療現場で用いることができています。

睡眠薬で有名なものは?

現在ではさまざまな睡眠薬が処方されていますが、その中でも有名なものとなるとかなり限られてきます。
では最も有名な睡眠薬は何かということで挙げるのであれば、これはやはりハルシオンというものになるでしょう。

ハルシオンはベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬の中では効き目が強く、翌日まで効果が残りづらいということで有名になりました。
ただ副作用として独特の酩酊感があり、この酩酊感を求めてハルシオンを服用する人が出るというような問題もあります。
この問題についてもハルシオンを有名な睡眠薬にしている理由の一つでしょう。

次に有名なものを挙げるとすれば、出てくるのがマイスリーやデパスと言ったような薬です。
まずマイスリーは2000年から処方されるようになった比較的新しい、非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプの睡眠薬です。
服薬してから1時間以内に効果が出て、かつ副作用も軽いということで人気を集めています。
2時間程度で効果が切れるために翌日まで効果が残りづらいということもメリットだと言えるでしょう。
次にデパスですが、これはエチゾラムという成分が有効成分となって催眠作用を引き起こすものです。

催眠作用の他にも抗不安作用や鎮静作用があるため、うつ病などを発症してしまった人に対しても処方されます。
ただデパスに関しては依存性が強いということも有名であり、長期間服用を継続した場合には依存症に発展してしまうこともあります。
そのため服用を中断する時のことも含めて考えておかなくてはならないというポイントもあります。

その他にも睡眠薬にはさまざまなものがありますが、特に有名なものとしてはこれら三種類が挙げられると考えて良いでしょう。

■不眠は悩む前に薬に頼ることも大事
メロセットで不眠解消
■賢い睡眠薬の購入方
睡眠導入剤を通販サイトで購入