睡眠薬の選び方

睡眠薬と不眠症うつと睡眠改善薬について

最近は、景気の悪化からか会社経営も上手くいってないことからか
無理な仕事を抱えての会社員や育児や家庭のことで悩み不眠症うつ状態や不眠症に
なる人が増えています。
うつは併発して、不眠症になる人が多く、不眠症うつとも言われています。
このような状態は、一人で悩まずに精神内科やメンタルクリニックに
かかると改善されて行くことが多いです。
まずは、不眠症うつや不眠症に悩む方に処方されるのが抗うつ剤や睡眠導入剤と睡眠薬です。

睡眠改善薬と睡眠導入剤、睡眠薬の違いについてですが、睡眠導入剤、睡眠薬を手にするには
医師からの処方箋がいります。
医師にしっかりと相談した上で治療の一環と処方されるお薬なのです。
睡眠改善薬は、最近は個人で一般薬局から購入することもできます。
つまり、医師の処方がいるかどうかなのです。
この睡眠改善薬は、睡眠薬と睡眠導入剤や抗うつ剤と違い簡単に手に入るものですが
睡眠薬と睡眠導入剤や抗うつ剤に比べれば、成分的には、身体への負担は少ないです。
根本を治すには医師による睡眠薬と睡眠導入剤や抗うつ剤が一番ですが
常用してしまうと怖いと言うイメージを持った人は多いでしょう。
そのような方が服用しています。
当然含まれている成分も違います。
睡眠改善薬は、不眠症や不眠症うつを改善させるものですが、
主成分は抗ヒスタミン剤です。
ヒスタミン剤は、脳を覚醒さえる効果がありますが、この抗ヒスタミン剤は
その覚醒を止めてくれる役割があります。
ヒスタミン剤には、脳味噌を覚醒させるという効果があるのです。
その他にくしゃみや鼻水を抑えることにも効果があります。
しかし、使用上の注意はしっかり守って飲むべきものです。
服用の回数などは絶対に守ってください